ブログ :


ダンス歴史

<< バレエ・ピアニスト Ballet Pianist
2021-08-25

ポワントワークの歴史とトゥシューズがどのように進化していったのでしょう?The history of dancing on pointe.

2021-09-01 by ヘレン・プライス Helen Price


(Scroll down for English)

何故、バレリーナはつま先で立っておどるのでしょうか?ポワントワークの歴史とトゥシューズがどのように進化していったのかを知ればダンサー達はもっと理解を深める事が出来ると思います。理解を深めれば上達も早くなるというものです!
 
400年前、バレエが最初にパフォーマンスされた時、舞台のパフォーマンススペースより客席のほうが上に位置していて、お客さんがダンサーを見下ろしている状態でした。そのため足が非常に見えにくかったのです。そして当時は男性しかステージに立つ事が許されていませんでした。

firstballet
その後、舞台の形状が変わり客席より高い位置に作られるようになったためダンサーの足が見えるようになりました。
 
340年前、初の女性パフォーマーが誕生しました。この頃の女性ダンサーの衣装は非常の大きく動きにくいものでした。


290年前、パリでマリー・カマルゴが新しいステップを作り上げました。それがアントルシャです。彼女は衣装のスカートを短くし、足が見えるようにしました。そして高くジャンプが出来るように靴についていたヒールを取りました。
 
230年前、ロンドンシアターにて初めて”フライング・マシーン”(ワイヤーアクション)を使い、ダンサー達を軽く吊るす形で、つま先で踊るのを手伝いました。
 
210年前、ダンサーはワイヤーに頼らずにつま先で立ちで習得しようとしていました。出来ない事はなかったのですがあまりにも露骨に苦労がお客さんに伝わってしまっていました。
 
190年前、マリー・タリオニはとても厳しいトレーニングを父親のもとで受けた後、舞台へのデビューを果たしました。その時に彼女は見事なバレエ・テクニックで優雅にポイントを踊りました。

マリー・タリオーニ、ラ・シルフィード

タリオニがラ・シルフィードで見せたパフォーマンスがロマンチック主義バレエの始まりと言われています。ロマンチック主義のバレエは妖精などの軽やかな生き物を表現する事が多かったようです。ポワントワークで踊る事で空を飛んでいるイメージを表現する事が出来ました。
マリー・タリオーニのトゥシュー

ダンサーは技術をどんどん向上させ、同時にシューズメーカの人達は靴制作の技術を向上させました。
140年前、ピエリーナ・レニャーニが最初に32回転のフエッテに成功させました。
ピエリーナ・レニャーニ

クラシック時代、バレエ界でトゥシューズで踊るという事は強さと技術を見せつける事が大事でした。
バレリーナとトゥシューズはどんどん強くなっていき、技がどんどん華やかになっていきました。

トゥシューズ 左:1860右:1914
110年前、アンナ・パヴロヴァは死の白鳥で長時間つま先で踊り続けたため観客を圧倒させました。
アンナ・パヴロヴァ、死の白鳥
90年前、バレエ・ルース・デ・モンテ・カルロで活躍していたベビーバレリーナ達が64回のフエッテや6回転ピルエットといった技をこなしていくようになりました。(しかもまだ10代のダンサー達がです。)
ベビーバレリーナ
後にトゥシューズはブロードウェイやハリウッドに進出しました。トゥタップはアメリカ中で熱狂されるようになりました。ハリエット・ホクターはブレを、背中を反りながらやった事と、トゥタップダンスをエスカレーターで踊ったことで有名になりました。
ハリエット・ホクター
70年前、ジョージ・バランシンがニューヨーク・シティ・バレエを設立しました。バランシンの振り付けはバレリーナの足のラインを強調する事が特徴としてあげられます。ネオクラシックバレエが誕生し、美感で踊る女性も増え始めました。
ネオクラシック
ポワントワークはバレリーナを(ロマンチック主義時代は)霊妙に、(クラシック時代は)強く、(ネオクラシック時代は)美しく見せるものとして存在しました。

100年前、ポワントワークは不自然だ、という考えをもったダンサー達を中心に反発が起きました。そのダンサー達は私服、裸足で踊りました。これがモダンダンスの始まりでした。
イザドラ・ダンカンの生徒

とても興味深いのが、ロマンチック主義、クラシック時代、ネオクラシック時代に活躍した振付師(トゥシューズに立つ事を美しいとした)は男性であり、トゥシューズに対して反発したのは女性であるという事です。
 
はたして未来のトゥシューズはどのようになっていくのでしょう・・・

Why do ballerinas  dance on the tips of their toes? Some insight into the history of pointe work and the development of pointe shoes will help students understand what they are doing. Better understanding leads to better dancing!

400 year ago when ballets were first performed the audience was higher than the stage, looking down on the dancers. They couldn't really see the dancers' feet...and only men were allowed to perform.

Stages changed, the performers were on a raised platform and the audience could see their feet.

340 years ago the first women were allowed to dance but their costumes were big and cumbersome.

290 years ago in Paris Marie Camargo introduced a new step, the entrechat. She shortened her skirts so that people could see her feet and she removed the heels from her shoes so that she could jump higher.

230 years ago "flying machines" (wires) in London theatres helped ballerinas to dance on their toes.

210 years ago dancers were busy improving their pirouettes and jumps, and trying to find ways to stand on their toes without wires. They could do it but their effort was very obvious to the audience.

190 years ago Marie Taglioni, after rigorous training with her father, made her debut in Paris dancing on pointe in a way that looked effortless, and was an integral part of the choreography, not just a tricks added to the dances.

Taglioni's performance in La Syphide is considered the beginning of the Romantic period in dance. Romantic ballerinas danced on pointe to portray ethereal and other-worldly creatures. They appeared weightless and able to fly.

Dancers were improving their technique as shoemakers were improving the shoes.
140 years ago Pierina Legnani performed 32 fouettes on pointe in Swan Lake.

 

During the Classical period in ballet (1885~1910) ballerinas danced on pointe to show strength and virtuosity.

Technique and shoes continued to get stronger; tricks on pointe got more amazing.

110 years ago Anna Pavlova wowed audiences by how long she could dance on pointe in her famous dance, The Dying Swan.
90 years ago the Baby Ballerinas of the Ballets Russe de Monte Carlo were performing feats such as 64 fouettes and 6 pirouettes (when still only teenagers).
Tricks on pointe appeared on Broadway and in Hollywood. Toe tap became a national craze. Harriet Hoctor was famous for her bourrees in back bend, and toe tap dance on an escalator.

70 years ago George Balanchine's New York City Ballet was founded. Balanchine's choreography emphasised the line of a ballerina's leg on pointe. Neo-Classical ballet was born and women were now dancing on pointe for aesthetic reasons as well.

So, dancing on pointe can make a ballerina look ethereal, strong, and beautiful.

...but 100 years ago some dancers rebelled against the unnaturalness of pointe work. They danced about real life dressed in simple costumes, often barefoot. This was the beginning of modern dance.

I find it very interesting that all of the important choreographers of the Romantic, Classical and Neo Classical ballet (who demanded that women dance up on their toes) were men...and the pioneers in modern dance (who brought women back down off pointe) were women!

I wonder what dancing on pointe will be like for ballerinas in the future...

 

#ballet #ballethistory #balletpointe #toeshoes #pointeshoes #ballerina #romanticballet #classicalballet #classicballet #ballettechnique #バレエ #バレエ歴史 #バレエポワント #トゥシューズ #ポワントシューズ #ロマンチックバレエ #クラシックバレエ #バレエテクニック

 

<< バレエ・ピアニスト Ballet Pianist
2021-08-25
Actus Ballet Blog

アクタスバレエプロダクション Actus Ballet Productions

ダンス英語

エクササイズクラスでよく聞くフレーズ(3)Phrases You Might Hear in Exercise Class (3)

エクササイズクラスでよく聞くフレーズ(2)Phrases You Might Hear in Exercise Class (2)

エクササイズクラスでよく聞くフレーズ(1)Phrases You Might Hear in Exercise Class (1)

体のパーツのワード Anatomy Words

Concepts and Ideas Inspire Dance コンセプト(概念)とアイデア(考え)がダンスを奮い立たせる

Injuries in English ケガ

Elements of Dance ダンスの要素

Exciting or Excited? I’m confused!「エキサイティング」か「エキサイテッド」?どちらを使うべき?

Try this Ballet Crossword Puzzle!

ダンス海外留学

ダンス海外留学

ダンス・テクニック

Train Your Brain 脳を鍛えます

プラネット・ダンスPlanet Dance videos from The Place

どうコンテンポラリー・ダンスがバレエに役立つか?How does studying contemporary dance improve your ballet?

バレエ・クラスのためのウォーミングアップ。Warm-up for ballet class.

なぜバレエを勉強する生徒がコンテンポラリーを難しいと思うのか?Why do ballet students find contemporary class hard at first?

ダンスを海外で学ぶ上で、目線は重要なトピックです Eye focus is an important topic for Japanese dancers studying abroad.

バレエ・バーの正しい使い方 Using the Ballet Barre Properly

ダンス歴史

ポワントワークの歴史とトゥシューズがどのように進化していったのでしょう?The history of dancing on pointe.

バレエ・ピアニスト Ballet Pianist

バレエのステップにフランス語の名前があるのはなぜでしょうか?

Teaching Japanese Students

Follow up to my blog: On Compliments & Corrections, and Being a Strict Ballet Teacher in Japan

On Compliments & Corrections, and Being a Strict Ballet Teacher in Japan

Japanese Students + Math + Ballet = ?

Smile and The World Smiles with You…maybe